ゼロからデザインできるペーパーアイテム

私たちのナビゲーターの中には、ペーパーアイテムのデザインもやっている者がいます。

野村 和代です。

プリーマ ウェディングでも野村のデザインするペーパーアイテムのご紹介をしています。
ブランド名はHARRU(ハル)。
実際に彼女がデザインしたアイテムをご披露しますね。

お客様のテーマやコンセプトに合わせて、野村がヒアリングし、デザインをしてご提案します。
オリジナルデザインのよさは、世界に1つだけの、イメージ通りのアイテムができること。
デザインそのものはもちろんですが、色や紙のチョイス、箔押しやエンボス、型抜きなどの加工も思いのままです。

カジュアル、エレガントなど、雰囲気も自由自在。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテム

オリジナルのロゴを作って入れることもできます。

こんなユニークなデザインは、ゼロからデザインしないとなかなかないですね。

ペーパーアイテム

デザインをする上で欠かせないテーマやコンセプトは、私たちもプロデュースにおいて大切にしていますが、
既に会場を決定して担当プランナーもいるが、会場の打合せではコンセプトの話をしないことも多いんです。
そんな場合は、「パーツ・プランニング」メニューの「コンセプト&テーマ創作」を合わせてご利用いただくのがおすすめです。
野村にコンセプト&テーマ創作とデザインを一貫して依頼していただくこともできます。
コンセプトを作っておくことで、ペーパーアイテム以外にも衣裳スタイリングや会場装飾、演出を考える際にもお役に立ちますよ。

招待状、席次表またはエスコートカード、席札、メニューカードなど、単品でのご依頼も可能ですし、
セットでご依頼いただくと、セット割引の料金になりますよ。
ペーパーアイテムのみのご相談も承れます。

デザインが決まったものよりも少しだけ時間が必要ですし、加工によって印刷にも必要な日数が異なりますので、なるべく早目に準備を始めていただくようにしています。
ご興味がある方は、準備期間にゆとりを持ってご連絡くださいね。