ヘアメイクとリハーサル

ヘアメイクは、花嫁がより美しく見えるように施すもの。
関心が高く、楽しみにしている女性も多いサービスの1つです。

ヘアメイク

ヘアセット、メイク、洋装や和装の着付けを行うことを指します。
1人で全てを行うことができるヘアメイクもいますが、和装の着付けは専門の着付け師が行うケースが多いです。

ヘアメイクの内容は、
・新婦のヘアセットとメイク
・新婦の着付け
・新郎のへアセット
・新郎の着付け
・引上げ(衣裳の片付けなど)
・事前のリハーサル
に分類されますが、それぞれに単価がついていて必要なものを組み合わせていく場合と、必要なものがあらかじめ含まれたプランとして価格がついている場合があります。
プランの場合はドレス1着分の価格になっていることが多く、その場合はお色直しをするのに追加の金額がかかります。
見積に入っている金額に、どんな内容が含まれているかしっかり確認しましょう。

和装でかつらをかぶりたい場合は、これも別料金であることがほとんどです。
簪一式や綿帽子、角隠しもオプションですが、これらはヘアメイク側でレンタルしています。
ドレスと違って、衣裳と一緒に決めるのではなく、ヘアメイクとの相談で決めることになります。

理想は、おひらきになるまでヘアメイクが付き添って、必要な時にメイク直しができるようにしていることですが、拘束時間の設定も様々です。
ヘアメイクが完成したらそこで終了、ということもあります。
写真撮影時や泣いてしまった時のリタッチなど、見えないところにこそヘアメイクの活躍の場があるものです。
拘束時間の確認もとても大切なので、忘れずにしておきましょう。

リハーサル

ヘアメイクのリハーサルとは、どんなイメージの花嫁になりたいかを相談して、実際にヘアスタイルをつくり、メイクをしてみること。
しなくても当日のヘアメイクはできますが、リハーサルをしておいたほうが安心感と当日のラクさが増すので、ぜひおすすめしたいメニューです。

ヘアメイクがどんなに腕がよくても、当日初めて会うのではどうしても緊張感をもってスタートすることになります。
特にメイクは、顔を直に触られますから、最初はきっとかなりの緊張があるはずですが、それが逆に親近感に変わっていく。
いろいろ話をしながらヘアセットやメイクを進めるうちに打ち解けてきて、もっとこうしたいとか、どういうスタイルが似合うと思うかなど、希望や疑問も伝えやすくなるのです。
リハーサルでそこまでやっておけば、当日は既に顔なじみのヘアメイクと雑談しながら決めたスタイルにつくってもらうだけ。
心地よい緊張感はあっても、基本はリラックスして楽しく支度が進められるでしょう。
実は、これがリハーサルをおすすめする最大の理由です。

もちろん、ヘアのボリューム感やメイクの色味など、花嫁の好みをヘアメイクが把握し、ヘアメイクの技術を花嫁がチェックすることも、リハーサルの大切な目的です。
どんな自分になりたいか、もし違うなと思った場合も臆さずヘアメイクに伝えて、納得のいくスタイルを見つけてください。

リハーサルには衣裳を着た写真を必ず持参しましょう。
ドレスのスタイルやボリュームは、全体のバランスを見るために必要な資料です。
メイク、ヘアスタイルやヘアにつける花またはアクセサリーのイメージ写真も、あればぜひ持参してください。

和装でかつらをかぶる場合は、かつら合わせという、サイズ確認や簪類の合わせも必要です。
かつら合わせでぴったりのサイズや位置を見つけることで、似合うかつらができあがってきます。

ヘアメイク

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。