ウェディングのBGM

BGMはウェディングの雰囲気を左右する重要なツール。
曲はおまかせ、という方もいらっしゃるのですが、全くおまかせではおふたりの個性が出にくいのです。
1曲でも自分たちの好きな曲を選んで、それ以外の部分をおまかせにするのがいいでしょう。

音響オペレーターが新郎新婦と打合せをして当日準備しておいてくれるというサービスも一般的になりました。
オペレーターが用意したBGMリストから選ぶだけでOKなのでラクチン。
とはいえ、リストに入っているのは比較的ベーシックな曲のみなので、音楽好きからすると「ベタだなぁ」という印象になりやすいかもしれません。
やはり、自分たちらしい1曲を入れることは、オリジナリティのある雰囲気づくりには欠かせません。

スピーチや手紙朗読の際のBGMは基本的に歌詞なし(インストゥルメンタル)がおすすめです。
歌詞のある曲の場合、話の内容が歌詞と混ざって聞き取りにくくなるためです。
ゲストに歌詞を楽しんでほしい曲があるなら、スピーチ以外のシーンで使うようにしましょう。

入場や退場、乾杯の発声後、ケーキ入刀後などポイントになるシーンでかける音楽は、より印象に残ります。
おふたりを象徴する曲、思い出の曲、コンセプトに合う曲などを選ぶのがおすすめです。

音楽好きなお客様の中には、こんな驚きの選曲もありました。
• ヘビメタ尽くし
• 永ちゃん(矢沢永吉さん)尽くし

永ちゃん尽くしのおふたりは、おふたりとも永ちゃんファンだったので問題はありませんでしたが、ヘビメタ尽くしのおふたりのほうはご新郎がとにかくヘビメタ大好き!
しかし、ご新婦は全く興味がなかったので、最初は「そんなのイヤ! 」「私1人のシーンだけでも違うのにする!」と抵抗されていました。
ご新郎がヘビメタバンドのバラード曲を聞かせたところOKが出て、晴れて披露宴はヘビメタ尽くしに。
どちらも最初にご相談いただいたときはちょっとビックリしましたが、実際にはとてもカッコよかったです。
ジャンルやアーティストを揃えると、統一感が出しやすいというメリットもあります。
おふたりの好みの違いもあると思うので、上手にバランスを取って決めることも大切ですね。

生演奏で音楽を演奏するというのもBGMの1つの方法です。
クラシック、ジャズ、ボサノバなど、多彩なジャンルがあるので、コンセプトに合わせてライブで演奏してもらうのも楽しいですね。
料亭のような会場の場合、琴や三味線、尺八などの邦楽での演奏を取り入れると風情を感じられておすすめです。
和の空間はずっと音がなくても様になりやすいので、生演奏を取り入れやすいのです。

曲を制作したアーティストの権利である「著作権」についても留意しなければいけません。
会場のオペレーターが準備してくれる場合は要件をクリアできているはずですが、自身で用意する場合は原盤を持参するのが基本です。
詳細は会場や担当プランナーにしっかり確認して、大好きな曲に関係する権利を侵害しないように注意しましょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。