挙式スタイル(1)キリスト教式

キリスト教の神に誓いを立てるキリスト教式。
「人生を象徴する道」といわれるバージンロードを歩き、愛する人のもとに向かうシーンは多くの女性の憧れになっています。

日本でキリスト教式が行われるようになったのは、明治になり、欧米の文化が一気に入ってきた頃だと言われますが、戦後、ホテルや専門式場がチャペルを設置したのを機に、信者以外の新郎新婦にも広まりました。

キリスト教には教派がいろいろありますが、ウェディング会場に併設されたチャペルや、信者以外でも受け入れてくれる街の教会の多くはプロテスタント。
カトリックは基本的に信者に対してのみ挙式を行うのですが、信者以外の挙式を受け入れているところも一部あります。

キリスト教式の式次第はどこもほぼ一緒ですが、讃美歌を歌うかどうか等の細かい内容は少しずつ異なります。なお、一般の教会(チャーチ)では多くが「結婚講座」に参加して勉強してから挙式に臨むことになります。