招待状

招待状は結婚式のイントロダクションであり、コーディネートの始まりと言えるアイテム。
親しい方のみを招待するカジュアルなパーティでも、招待状をしっかりと出すことで会に重みが加わります。
差出人や文面、デザインを見て当日の雰囲気を想像し、服装などを決める方も多いので、吟味して選びたいものですね。

招待状を発送する時期

基本的に、披露宴の約2ヶ月前にゲストにお届けします。
最も丁寧なのは直接手渡しすることなので、会社関係の方や、よく会う親族、お友達などには手渡しで、遠方の方には郵送でお届けします。

本状に記載する日付は「○月吉日」とするしきたりなので、明確な日付は入りませんが、縁起を担いで大安や友引に手渡しや発送します。

返信はがきの返信期日

披露宴当日の約1ヶ月前を返信期日とし、本状の一番下に小さい字で記載する「追記」に記載します。
その期日も、縁起を担いで大安や友引に設定します。

発送から返信期日は最低2週間あけるものとされていますので、期日ギリギリのお届けでは、相手に失礼になるので気をつけましょう。
都合で期日ギリギリの発送になる場合は、本状の追記の記述を「折り返しご返信ください」とするのが一般的です。

逆に送付が早すぎるのも、相手がすぐに出欠の判断が定められなかったり、先過ぎて忘れてしまったりします。
早めに日程をお知らせするのであれば、電話やメールなどでお知らせするようにするか、海外で一般的な「Save the Date」というお知らせ状を作るのがいいでしょう。

招待状の中身

案内状である「本状」、出欠を確認するための「返信はがき」、一部の相手に対して、本状に記載せずにお知らせするための「ふせん」、会場の場所を示す「地図」、これらを入れるための「封筒」が必要です。

フォーマルなお知らせなので、封書でお送りするのが正式であり礼儀です。
出欠確認も「返信はがき」を使って行うのが慣例です。

本状には何を書く?

本庄に記載するのは基本的に以下の3つです。

  1. 結婚の報告
  2. 披露宴への招待
  3. 披露宴の情報

文面はほぼ決まった形があるので、それをベースにして書くようにしましょう。
堅苦しい文章にする必要はありませんが、ゲストの顔ぶれに合わせて、失礼のないものにする必要があります。

招待状を誰の名前で出すのか、「差出人」を最初に決めますが、

  1. 両家の親(父が基本)
  2. 新郎新婦本人

のどちらかになります。
仲人がいる場合は、文中にそのお名前を書きます。
なお、どちらかに決められない場合は、両方の名前を載せる、
3. 両家の親と新郎新婦の連名
という方法もあります。

招待状の文面に句読点(「、」や「。」)は付けません。
おめでたいことが「終わる」、ふたりの仲を「区切る」ことがないようにという、昔からのしきたりです。

親族や一部の友人のみを挙式に招待する場合は、本状には案内をいれず、「ふせん」を入れて案内し、全員を招待する場合は、本状に挙式と披露宴両方の案内を書きます。
なお、会費制の場合は、日時や会場を記載した後に、金額を記載します。

末尾に小さな文字で記載する「追記」に返信はがきの返信期日を書きます。
服装の指定(ドレスコード)などがあれば、それも合わせて記載します。

テーマやコンセプトを設けている場合は、そのテーマを招待状で伝えるのもいいでしょう。
ゲストがより楽しみな気持ちに、そしてテーマを意識して参加してもらえるはずです。

返信はがきのあて先

基本的には、差出人の住所を返信先にします。
差出人が親ならそれぞれの実家に、本人ならそれぞれの現住所になります。
ただし、返信はがきの出欠を基にして、後に席次を作る作業をするわけですから、差出人は親の場合でも、返信先は本人としても構いません。

逆に、招待状を出した後に引越しをするなどの場合は、本人が差出人の場合でも、確実に受け取れる実家を返信先にしておくと安心です。
郵便局の転送サービスは確約されたものではないので、受け取り漏れなどがないように考えましょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。