色打掛

あざやかな色と日本の伝統の技が織りなす色打掛。
宴の席にふさわしい華やかさは、ご列席の方々が楽しみにしている衣裳でもあります。
打掛に合わせて、掛け下着や帯、小物も色のあるものを合わせますが、
白無垢から色打掛に短時間で着替える必要がある場合には、掛け下着はそのままで、打掛と小物のみを色のものにするだけでも構いません。

挙式には白無垢で、挙式後には晴れ着に着替えて披露宴に臨むのは、古くから変わらない習慣で、「お色直し」の語源ともなりました。
現代では「嫁ぎ先の色に染まるから」などと言われますが、実はウェディングドレスに影響された後付けの意味のようです。

最近ではウェディングドレスの後に、カラードレスの代わりに着るケースも増えており、かつらではなく洋髪が人気になっています。
花嫁しか着ることのできない和装ですから、ぜひ民族衣装、伝統の花嫁姿を経験してみてください。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。