ウェディング会場(1)ホテル、専門式場

古くからウェディングを取り扱っているので、年齢を問わず誰もが結婚式の会場として思い浮かべられる会場です。

挙式

キリスト教式、人前式、神前式と、様々な挙式スタイルから選択できます。
人気のキリスト教式に関しては、イメージの異なる複数のチャペルを有するところもあります。

披露宴

複数のバンケット(宴会場)を有する会場が多く、部屋毎にイメージを変えて、好みの雰囲気に合わせてセレクトできます。
少人数のウェディングに対応する会場も増え、10名程度の会食から、数百人の大人数披露宴まで幅広く対応しています。

ただし、どの人数でも好きなバンケットを使えるわけではありません。バンケットの収容人数に合わせて下限の人数を設けていることも多く、好みの部屋を使えない場合もあります。
また、複数の挙式・披露宴会場があるために、スムーズな実施ができるよう使用時間は厳密に設定されています。
挙式や披露宴のスタート時間を変更ができないことが多く、楽器演奏NGなど、一部の演出ができないなど制限もあるので注意が必要です。

料理、飲物

料理のジャンルは複数用意され、洋食、中華、和食に加えて折衷料理などもありますので、ウェディング全体のイメージやゲストの顔ぶれに合わせて選ぶことができます。

その他設備

親族や来賓の控室、クローク、更衣室は基本的に備わっています。
会場内にはラウンジやカフェなどもあるので、控室のオープン前に到着したゲストも館内で待っていることができます。
ホテルは宿泊もできるので、遠方からのゲストが多く、宿泊が必要な場合は移動も少なくて喜ばれるでしょう。

また、美容室や衣裳室、フローリストも会場内に店舗を構えているケースが多いので、館内で全ての準備ができます。
できるだけ効率よく準備を進めたい新郎新婦には特におすすめです。

サービス

歴史のある会場の場合はもちろん、全般的にフォーマルでクオリティの高いサービスが受けられるところが多くあります。
最近はオリジナリティの提案にも力を入れている会場が増えており、新郎新婦の希望を叶えるための選択肢やイレギュラーな要望への対応の幅も広がってきました。
披露宴、特に大規模な宴席の経験が豊富なので、ゲストに会社の上司や恩師など、目上の方が多い場合には安心な会場といえるでしょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。