ウェディング会場(3)レストラン、料亭

美味しいお料理をゲストに楽しんでいただきたい、型にはまらない結婚式をしたい、という希望にいち早く応えようとしたのがレストラン。オリジナル・ウェディングの先駆けともいえます。
また、古くから披露宴の会場となってきた料亭も、和の結婚式の人気の再燃にともなって見直されています。

挙式

挙式会場がないところがほとんどなので、会場内の小部屋やテラスなどを使用して挙式を行います。
洋風ならキリスト教式や人前式、和風なら人前式や出張での神前式ということになります。
人前式の場合は、披露宴の前に同じ会場内で挙式を行うこともあります。
本格的な挙式を望むなら、教会や神社などの外部での挙式を手配することになります。

披露宴

披露宴会場はもちろん貸し切り、複数の披露宴が並行して行われることもありません。
インテリアも店のコンセプトに合わせてしっかりまとめられているので、会場の雰囲気を生かせば、飾り立てる必要もなくイメージが作れます。
演出も控えめにして、ゆっくりお食事をするだけでも、シンプルな結婚式という印象になるはず。
気張った雰囲気の結婚式にはしたくない、という新郎新婦にもおすすめです。

レストランや料亭として作られた会場のため、人数には限りがあります。
着席の場合は50名前後が最大のことが多いため、それよりも人数が多い場合は2部制にするなどの工夫が必要になります。

料理、飲物

料理ジャンルはその店が専門とするもの1択です。
オリジナルのメニューやウェディングケーキといった、料理に関するアレンジの幅が広いことが多く、相談すれば柔軟に対応してくれるはずです。
飲物、特にワインや日本酒などは、仕入れができれば特定の銘柄の用意が可能で、ソムリエなどの専門家がいるところもあります。

その他設備

設備は会場によってかなり差があるのが実情です。
古くから営業している小規模のレストランは控室の確保が難しいこともあります。
日本家屋の古い料亭の場合、控室は豊富でも、上下階の移動は階段になるのが基本です。
逆に新しいレストランでは、計画当初からウェディングを受けることを念頭に置き、控室など設備を充実させているところも多くあります。

サービス

他に比べて自由度が高く、持ち込みなどの制限も比較的ゆるめ。
環境が許せば実現にできるように対応してくれるところがほとんどです。
披露宴会場は1つだけなので、挙式・披露宴の間は全スタッフがその1件のために力を注いでくれるのも大きな魅力です。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。