ウェディング会場(4)その他

フリースペースやイベントホール、公園やガーデン、公共施設や歴史的建造物、広さがあれば自宅や別荘など、どんなところでもウェディングはできます。
普段から結婚式を行っているわけではないので、準備や手配するものは圧倒的に多くなりますが、その分、制限のほとんどない、自由なスタイルが叶います。

挙式

出張でのキリスト教式や神前式、人前式ができます。
本格的な挙式を望むなら、教会や神社などの外部での挙式を手配することになります。
挙式会場があるわけではないので、会場内の空間を工夫して使用するか、披露宴の前に同じ場所で行うかになります。
教会や神社には、併設でホールや広間を持っているところもあり、海外では一般的に利用されているので、逆にそういったところを探してみてもいいかもしれません。

披露宴

空間の使い方もパーティ時間も自由に設定できるのは、こういった場所のウェディングの最大のメリットです。
ただし、会場になければテーブルやイスから準備することになります。
特に屋外の場合は、雨天の場合のことも考えて準備するものを考えていきます。
プランナーがいれば必要なものを手配してくれますが、セルフ・プランニングの場合は必要なものを考え、手配し、確認する作業を自分ですることになります。
飲食に必要なものはケータリングと一緒に依頼できることもあるので、相談してみましょう。

料理、飲物

会場にキッチンもなく、スタッフもいないので、ケータリングを手配することになります。
料理ジャンルは好みで決められて、金額も予算に合わせやすいので、費用の大半を占める料理や飲物の自由度が高いというのは、実は大きなメリットです。
貴重な建物の場合は火気厳禁ということも考えられますので、条件をきちんと確認しておきましょう。

その他設備

会場によって状況は様々ですが、人数や演出など、内容によっても必要な設備は異なります。
会場を決める際には、内容を考えた上で、どう使うかも考えながら見学しましょう。
広い空間なら仕切って使うことでウェイティングスペースも設けることができるでしょう。
例えばイベントホールなら充実した音響や照明の設備、歴史的建造物なら唯一無二の空間など、会場毎に他にはない特長を持っているはずです。
実現したい内容と会場のマッチングを見極めて、それを生かしたプランニングをするのもいいでしょう。

サービス

サービスに関わるスタッフ、音響や映像などのオペレーターの手配が必要になります。
ウェディング会場では表に見えない手配ですね。
サービスはケータリングと一緒に手配できることが多いですが、全体の進行を管理するディレクター、新婦のアテンド、音響や映像のオペレーターなど、他のスタッフをどうするか、セルフ・プランニングの場合はよく考えてください。
友人に依頼する場合は事前の打合せをしっかり行って、連携を取れるようにすることがポイントになりますよ。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。