両親の服装の選び方―和装編

お母さまの装い

和装のルールにおいては、新郎新婦の母親は既婚者の第一礼装である黒留袖を着用します。
黒留袖はレンタル衣裳も充実していますので、実は洋装よりも揃えることが楽だと言えるかもしれません。

洋風の式場でも、お母様は和装で出席するというのがまだまだ一般的ですが、
カジュアルなウェディングなので、和装でも少しフォーマル度を下げたい、明るい雰囲気の装いにしたいということであれば、色留袖や訪問着にすることもあります。
ただし、ゲストよりもカジュアルになることがあってはいけません。
挙式も行う場合はやはり第一礼装で、披露宴のみの場合はゲストの顔ぶれなどを確認した上で着るものを決めるのがよいでしょう。

お父さまの装い

新郎新婦の父親が和装で結婚式に出席する場合は、第一礼装である黒の紋付羽織袴を着用します。
新郎が和装の場合は同じ黒紋付になりますが、本来は袴の縞の幅が異なったり、襟や草履の鼻緒の色が異なったり、年齢や立場相応の装いができれば問題はありません。
ただ、遠目に見分けがつきにくいというデメリットもあり、主役を引き立てるという意味では洋装の方がよいという考え方もあります。

服装を選ぶ際の注意点

両親の服装の最大の注意点は、両家で格を揃えることです。
また、親族の既婚女性も黒留袖を着る予定の場合、母親の方が軽い服装になるということは避けなければいけません。
事前に周囲にリサーチをした上で、当日の服装を決めるのが間違いないでしょう。

最近はレストランやゲストハウスでのウェディングなどが増え、黒留袖では堅苦しくなりすぎないか? というご質問も増えました。
また、一方のお母さまが洋装を希望し、もう一方は和装でという場合に、黒留袖では重すぎないか、というご相談もあります。
和装と洋装が並んでも、格やバランスが合っていれば全く問題ないのですが、洋装のほうがライトに見えてしまうことも大いに考えられるので、両家でよく相談して決めるようにしましょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。