理想が叶う会場を見つけるための準備

会場を決めて、打合せがはじまってから、
ぜひやりたいと考えていた演出ができないとか、できても多額の費用がかかるとか、
思惑と違う展開になってしまったというケースが少なからずあるようです。

原因として考えられるのは2つ。

  1. 会場見学の際に、案内したスタッフが契約を取ろうとするあまり、しっかり確認しないまま「できる」と言ってしまった。
  2. 新郎新婦の頭の中のイメージと、スタッフがそれを聞いて思い浮かべたイメージとに大きなギャップがあった。

2つとも、会場側(スタッフ)の注意力があれば起こらないはずのことで、本来お客様の要望はスタッフが引き出すべきものなのですが、
残念ながら、そういう方針ではなく、スキルもない会場も存在しますし、2時間程度の接客でお客様がそれを見極めることは難しいと思いますので、
そうならないための「自己防衛」をお客様側がしたほうがいいかもしれません。
お客様が防御策を考えるなんておかしな話ではあるのですが、決定後に後悔することになってはいけないので、自分たちでできる準備をしてから、見学に行くことをおすすめします。

会場見学に行く前の準備にも、やはり2つのパターンがあります。

  1. ウェディングの内容をなるべく具体的にプランニングし、必要なアイテムも把握してから、それらが実現できる会場を探す。
  2. ウェディングの希望やイメージをざっとふたりでまとめておき、それに対して最も納得のいく提案をしてくれる会場に決める。

1.は、ウェディングのプロである私たちナビゲーターが介在してやっていることで、一般にはハードルも高いと思いますが、
イベント関係の仕事をしていたり、クリエイターだったりすれば簡単なことでしょう。

2.は、プロでなくてもできるパターンです。
提案されたもののクオリティで食い違いが起こることが多いですので、会場側も同じイメージで考えられるように伝えることが大切。
イメージがわかる写真や映像などを持っていくのがいいでしょう。
もちろん、ふたりの間でもイメージの共有をしっかり行いましょうね。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。