結婚式の準備スケジュール

結婚式の準備には、最短で3か月、ゆとりを持って準備するなら5か月以上の期間が必要になります。
これは、一般的なマナーに則ってゲストの招待や出欠の確認を行う場合なのですが、そのために押さえておくべきタイミングは以下の内容です。

2か月前

招待状の発送

1か月前

招待状の返信期日

7~10日前

最終の数量確認

2か月前までに招待状の印刷や宛名書き、封入等の準備をする期間として1か月をプラスした3か月が最短の期間となるわけです。

これ以外の準備には、あまり決まったタイミングというのはありません。
ただし、印刷物や演出用VTRのようにアイテムの製作や打合せに要する時間が必要なアイテムや、衣裳とヘアメイクのように、関連する複数のアイテムを適切な順番で準備していく必要のあるものもあります。

ウェディング会場では、招待状の作成を初回として、約3か月前から本格的な打合せをスタートする例が多いのですが、あくまでもゆとりのないスケジュールだと考えてください。
件数が多く、3か月より前は新郎新婦が希望しても打合せができない会場もあります。
衣裳についても、どんなに時間があっても指定された時期にしか試着を受けてくれないケースもあるようなので、注意が必要です。
コンセプトをしっかり決めて準備したい、手作りやアイテム選びにこだわりたいという場合は特に、会場のスケジュールに頼りすぎると後で時間がないという状況に陥ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

仕事などでなかなか時間が取れないような場合は、先に準備できること、時期が来ないとできないことを選り分けた上で、自分たちに適したスケジュールを立てて準備を進めるようにしましょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。