席順の決め方と席次表

席順

まず、ぶつかるのは「席順」という壁。
誰をどのテーブルに座らせるか、誰と誰を隣り合わせに座らせるか、誰もが必ず迷う、といっても過言ではありません。
席順を決めるのに必要なルール、そして「暗黙の了解」もたくさんあるので、それをベースに考えるようにします。
このルールは、おもてなしのためにとても大切なこと。
せっかくのもてなしの気持ちが、席順を間違ったためにうまく伝わらなかったら大変です。

仕事関係、友人、親族、家族の順に、新郎新婦の座るメインテーブルの近いところから配置するというのが基本中の基本です。
また、中央を境に新郎側、新婦側と左右に配置します。

席次表

席次表は、

  1. 列席者が自分の座席を確認するため
  2. 披露宴の列席メンバーと新郎新婦の関係を知るため

に作成して配布するものです。

少人数の場合など、配布用の席次表を作成しないケースもありますが、ゲストが知りたい「どういった関係の方が列席しているのか」を知るにはとても便利なツール。
そして、列席者を把握できるということが意外とご両親にとっても大事だったりするのです。
ご両親は当日必ず各テーブルにご挨拶に回られるときに、おふたりとの関係を席次表で確認して、話題にしたりするはず。
配布する席次表を作らない場合でも、ご両親には席順と肩書がわかるものをお渡ししておきましょう。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。