和装のスタイリング

縁起物や季節感のある多彩な柄がちりばめられた日本の花嫁衣裳。
イメージで選ぶだけでなく、柄に込められた想いを知り、自分の心に添う一着を選ぶというのも和装の醍醐味です。

時代を超えても形が変わらないのが伝統衣裳である和装の特徴。
海外の”Something Old”の風習のように、お母様やお祖母様がお使いになった着物や小物を現代のものと合わせて使うこともできます。
未婚の正装である振袖を着るのも花嫁衣裳が最後のチャンス。
成人式で誂えた振袖を着るのもおすすめです。
帯や小物をレンタルで花嫁らしいものにすれば、成人式とはまた違うイメージで着ることができます。

髪型によっても雰囲気が大きく変わります。
伝統的な花嫁姿を目指すなら、花嫁の髪型である文金高島田の全かつらで。
モダンな花嫁姿を目指すなら、自分の髪を生かせる半かつらや洋髪にするのがいいでしょう。

新郎は紋付羽織袴を着用しますが、最も格の高い衣裳は第一礼装の黒紋付です。
少しカジュアルダウンするなら色紋付という選択肢もあります。
新婦が引振袖の場合、昭和初期までの新郎のように洋装(モーニング)でもいいかもしれません。

白無垢

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。