結納式をするかどうか

親世代と子世代で最も意見が分かれるのが「結納をするかどうか」でしょう。
結納式を行うかどうかは、女性側に対する配慮をもって決めるのがよいとされています。

会社時代にたまたま取った1本の電話で、印象的なものがありました。
「若いふたりの意向もあって、結納式をせず、顔合わせの会食だけしたものの、娘を嫁に出す側としてはやっぱりちゃんと結納の儀式をしてほしい。
もう挙式日が迫っているけれど何とかしたいので、レストランなど場所を紹介してもらえませんか?」
お電話の主は、1週間後に挙式を控えたご新婦のお母様でした。

「娘さんをください」というプロポーズの言葉に象徴されるように、女性側の親御様は「娘を他家に送り出す」という気持ちが強い場合も多いのです。
だからこそ、しきたりをきちんと守ってほしいという気持ちがあって、このお母様は1週間前でも諦めきれずに行動に移したのでしょう。

男性側がやらなくてもいい、という考えの場合、それを先に述べてしまうと、女性側に希望があっても言い出せない、という状況になってしまうかもしれません。
相手側の本音を確認し、把握することは、今後の結婚式や新居等の準備をスムーズに行う秘訣でもあります。
自分の親の意向を確認し、おふたりでしっかりと共有して、どうするのがいいか考えましょう。

結納式を行う場合は、関東式、関西式など、地域によって形式もしきたりも異なるので、異なる地域同士の結婚の場合、お互いに話し合って決めるようにします。
式の段取りは、ホテルや結婚式場、料亭など、結納を普段から扱っている会場であれば、進行を手伝ってくれたり、ノウハウを授けたりサポートしてくれるはずです。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。