40代独身の姉は何を着る?|家族の立場で結婚式②

こんにちは、ウェディング ナビゲーターの清水です。
しばらく間が空いてしまいましたが、弟の結婚式のこと、続いては私自身の服装についてです。

姉として何を着る?

これが意外と難しかったんです。
普段、ご兄弟が列席している結婚式は普通よりたくさん見ているはずなのですが、なにしろ私の場合は周囲の40代とは異なる状況にあるため。

一眼レフを抱えていくつもりでしたし、他にも何かと動くことを考えると洋服のほうがいいのかなと思ったのですが、
今回は姉という立場、友人や仕事関係のウェディングに行くのと同じような恰好ではおかしい。
着物を着るにしても、少人数の会食形式なのでかっちりフォーマルでは固すぎるものの、遊びすぎては相手側に失礼になりそう。

きょうだいの立場、それも私くらいの年齢の独身女性は装いが一番難しいかもしれないなぁとつくづく思い知りました。
既婚者であれば、こういう服装という一般的なイメージがありますよね。
でも、その一般的なイメージがないんです。

洋服もついでがあれば見にいって、お店の人に相談しても意見は様々で、やっぱり着物のほうがよりイメージしやすいということに。
でも、着物のコーディネートを考えたら考えたで、自分の手持ちのものではどうもピンとこない。
カテゴリ的には訪問着や付け下げなのですが、友人・知人の結婚式ではOKでも、今回についてはやっぱり雰囲気が違うということで、
結局、母の着物を借りることになりました。
和装小物だけいくつか持って帰省して、前日に実家でコーディネートしたというギリギリな準備に(笑)

着物で列席

今回のことで、立場が変わればふさわしい服装も変わる、ということが身をもって理解できました。
私と同じような新郎新婦のお姉さんは(妹さんも?)これからどんどん増えると思うんです。
よかったら参考になさってください。

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。