実はできる! 会場をギリギリまで決めないウェディング準備

ウェディング ナビゲーターの清水 恩です。
4月7日、いよいよコロナウィルスの緊急事態宣言が出ました。
2月末にアップしたコラムでは、既に結婚式の準備が始まっている方向けに、開催するかどうかを検討する際のポイントを書きました。

結婚式の開催を取りやめようか考えている方たちへの検討ガイドライン

これから結婚式の準備をしようとしているお客様もかなり不安を抱いている状況で、ご相談でも一様に不安を口にされます。
結婚式の予定が1年後だとしても、その頃には本当に実施できる状況になっているのだろうか、と。
私たちも絶対大丈夫!とは断言できないので、もどかしい限りです。

キャンセル料という負荷を減らす方法

結婚式の延期や中止に際しての心配の種はキャンセル料ですが、額が大きいのは基本的に会場のキャンセル料。
それ以外のアイテムは、そこまで額が大きくないし、それほど慌てなくても手配できるものばかりなんですよね。

今回のコロナウィルスの影響による業界の動きを見て、ずいぶん前に担当した国際結婚カップルのことを思い出したんです。
ご新婦は日本在住、ご新郎はフランス在住で、ご新婦がおひとりで準備を進めていたのですが、
会場を選び、では日程を決めようという段になって、ご新婦から「新郎がそんなに早く会場を決める必要があるの?と、スケジュールを出してくれないんです」とのご連絡が。
お仕事柄というのもあったのですが、そもそも外国人のご新郎には、早々に会場を押さえることも、ましてや高額なキャンセル料がかかることも理解できなかったらしいのです。

そういえば、ご新婦と一緒に何とかスケジュールを出してもらおうと説得理由をいろいろ考えたなぁ、なんてふと思い出して。
あの時はご新郎を説得したけれど、逆に彼の感覚で進めていくというのも今の私の立場ならできるんじゃないかと思ったのです。

フリー プランナーだからできる会場予約のタイミング

私たちのトータル プロデュースでは、最初にコンセプトから進行・演出までを含めた結婚式の全体像をつくり、その後で会場を決めます。
詳しい進め方はこちらのページで。

結婚式のつくり方

会場を決めなくてもできる準備はたくさんあります。
招待状の印刷に入る頃(約3ヶ月前)に会場を決めても間に合います。
納得いく会場探しができれば、それでも別にいいと思うのです。

ただし、こだわりすぎなければ、という条件はつきます。
土曜の昼間で、この駅周辺で……というような細かい希望がある人には向きません。
ロケーションや日程、時間帯を柔軟に考えられる人におすすめできる方法です。
また、このタイミングで会場を決めると金額や条件面での融通が利きやすくなる可能性が高いんです。
会場にとっては3ヶ月前という直近の予約が入るというメリットがあるからです。

全くの時期未定だと私たちもお引き受けが難しくなりますし、できない準備も増えるので、事前に目標とする日時は決めておきます。
ゲストに何のアナウンスもできないのは何かと不便ですしね。
今回のように実施を迷うような局面では、会場予約をしていないという流動性は決断のしやすさにつながります。
フォーマルな結婚式には向かないかもしれませんが、カジュアルな結婚式ならこれくらいライトなやり方でもいいのではないかと。

大規模なホテルや結婚式場であれば、余程の人気の日でなければどこかの部屋が開いていたりするもの。
結婚式をそれほどやっていないレストランやイベントホールも、空いている可能性はありますね。
舞台裏を知っているからこそできるスケジューリングだと思います。

当たり前を疑ってみる。
そんな方法もいいかも、と思う方は一緒にやってみませんか?

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。