新型コロナ・ノロ・インフル等で急な欠席の連絡を受けたら

noteにアップした記事「新型コロナ・ノロ・インフルなど感染症にかかったら結婚式には行かないで」との連動コラム。
ゲストから急な欠席の連絡を受けた新郎新婦のための対応マニュアルです。

元記事はこちら。

 

インフルエンザやノロウィルスなど感染症で欠席すると連絡をもらったら、すぐに会場に連絡をしましょう。
欠席の連絡が料理や飲み物の数量締切り前のタイミングであれば、飲食代も無駄にならずに済みます。

ちなみに、感染症に限らず直前のキャンセルというのは一定数出るものなんですよね。
プロデュースやご相談いただいたお客様には、会場の規約と照らし合わせてなるべくロスの出ないカウントのしかたをアドバイスしています。

後日お祝いを受け取ってみて、ご祝儀と同じレベルの金額が入っていたら半額~引出物と同等の品物をお返しとして渡します。
会場で追加注文することもできるはずです。
料理や飲み物のキャンセルが間に合っていた場合は、直接会って引出物を渡すことにして食事をご馳走してもいいと思います。

急な欠席の連絡を受けると、がっかりする気持ちが真っ先に浮かぶかもしれませんが、前述のように無理して出席されるほうが大変な事態になるかもしれません。
欠席の判断でリスク回避をしてもらったことに、まず心からの感謝をしたいですね。

いつもの冬以上に何かと心配な状況になってナーバスになってしまっているかもしれませんが、いい結婚式になるように頑張ってくださいね。
コロナウィルスに関連してのご相談については無料で受けたまわりますので、その旨お申し出ください。
主役である新郎新婦が罹患してしまっては元も子もないですから、手洗いなどの予防も徹底して行いましょう。
免疫力も大切です、栄養もしっかりとるようにしてください。

お問い合わせボタン

Please Share・・・

当サイト内の記事、画像、動画など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を固くお断りいたします。